ジャンガリアンハムスターのハムカツと申します

こんにちは、初めまして。

僕は、このブログの管理者に飼われているハムスターなんだよね。

 

え、名前?

 

名前は、ハムカツと言います。

僕のご主人はペットに食べ物の名前をつけるって決めてるらしくてさ、僕を連れてきた時にハムスターなら「ハムカツ」しかねぇだろ!とか言ってたんだよね。

 

で、今夜は珍しく、ご主人が外に出かけててさ。

普段なかなかいじれないパソコンを、名一杯いじって楽しんでるわけ。

 

ネットでよく見てるのはYouTubeなんだけど、

「野生を亡くしたハムスター系」の動画がよくバズってて、

見てみると人間の手のひらで飯を食いながらアホヅラを曝け出している動画なんだけど、

 

ハムスターの自分から見ても、ああいう頭悪い個体は野生だったら1日ももたないと思うね。

 

野生で生き残る奴っていうのは、

 

僕みたいに貪欲に新しい情報を吸収しようとする奴だから。

 

そうそう、最近の僕のもう一つの楽しみは、ご主人の変化を観察することなんだよね。

 

 

僕はこの家に来てだいたい1年が経つんだけど、ご主人が別人のように変わってきていてさ。

 

僕はハムスターだから、人間のやっていることはよく分からないんだけど、

それでも、ご主人がどんどん変わっていくのはわかる。

だから見ていて飽きないんだよね。

 

例えば、昔のご主人って結構不規則な生活をする人で、週末の夜なんかは徹夜でゲームとかしてた。

これって、夜行性の僕からして見れば迷惑な話でさ。

 

本当は暗闇の中でね、思う存分走り回りたいんだよ。

でも、真っ昼間かってくらい部屋は明るし、コントローラーの音はカチャカチャうるさいしで、

 

 

もうね、全然リラックスできない。

 

夜は僕の時間なんだから、人間はさっさと寝ろ。

 

 

って怒り心頭だった。

その時、あまりの怒りでケージをガジガジ噛みまくっていたんだけど、どうやらご主人には伝わっていなかったようだ。

 

 

で、月曜の朝になるとご主人は僕のケージの前に来て、

「会社に行きたくねぇ…。だが会社に行かなければ、このハムカツを養うことができない。

 

だから俺は、今週も仕事に行くんじゃあああああああ!!!!!!

 

って叫びながら玄関に向かって走ってた。

 

そんな時、僕はいつも、

 

 

 

このご主人、大丈夫かなぁ?

 

 

って思い、短い人生をこの部屋で過ごすことを不安に思っていた。

 

 

でも、最近のご主人は何も言わずにスパッと仕事に行くし、夜更かしもしないで規則的な生活を送っているように見える。

 

あと、僕のようにランニングをしているみたいだし、家でも筋トレをしてるね。

 

 

テレビゲームは一切やらなくなって、代わりにパソコンで何やら作業をしているようだ。

 

 

そうそう、僕にとって一番良かったのは、部屋がものすごくきれいになったこと。

 

昔のご主人の部屋は、正直きれいとは言えなくて、物が散らかっていて埃っぽかった。

 

人間はホコリってあまり気にならないかもしれないけど、

ハムスターにとっては結構気になるんだよね、これが。

 

今日みたいにケージの外を歩いてるとさ、体にホコリがついちゃうんだよね。

 

僕の体って、小さい埃取りみたいな形してるから、余計にね。

でも、部屋に物がなくなってからはこまめに掃除をしてるみたいで、全然ホコリが付かなくなった。

おかげで、巣にホコリを持ち帰る心配もない。

 

 

こう思い返してみると、ご主人の変化は僕にとっては良いことづくめなんだなぁ…。

 

ただ、ちょっとわからないのは、何がご主人をそこまで変えたのかってこと。

 

住む環境も変わってないし、同居人が増えた訳でもない。

 

僕はよくわからないけど、多分収入が増えた訳でもないと思う。

 

 

…!

そう言えば、最近ご主人は、誰かと頻繁にSkypeで電話をしているんだけど、

こんなことを言っているんだよね。

 

「自分の意志に頼ってると人間は変われない。」

「日々の小さな積み重ねが人間を形成する。だからこそ、小さな習慣を変えていくことが大切。」

「一度良い習慣がつくと、意志に頼らずに成長できる。」

 

 

要するに、習慣を変えるってことなのかなぁ。

 

僕はハムスターだから、やれることも、行けるところも限られている。

だから、習慣ってものがよくわからない。

 

でも、ご主人の毎日を見ていると、

仕事に行ったり、

ご飯を作ったり、

掃除をしたり、

洗濯をしたり、

本を読んだり、

勉強したり、

映画を見たり、

僕の世話をしてくれたり、

本当にいろいろなことをしていると思う。

 

人間は僕たちハムスターと違って自由がある。

 

でも、これは裏を返せば、

自分のためになることもできるし、自分にとってよくないこともできるってことだ。

 

行動の自由があるから、何をするかはその人間に委ねられてるって感じかな。

 

多分僕のご主人は、それに気がついて小さなことから変え始めたんだと思う。

 

なぜかと言うと、最初のうちはご主人の変化に気がつかなかったから。

断捨離をし始めたあたりから「あれ?」って思ったんだけど、

ご主人の小さな行動はその前から始まっていたんだと思う。

 

正直、些細な習慣で人が変わるのか?って疑問に思う気持ちはわかるし、

ハムスターの僕も完璧には理解できていない。

 

だけど、ご主人が変わるのを実際に間近で目にしているのを見ると、やっぱりそうなのかなぁって思う。

 

ご主人がこれからどのように変化していくか、これからもじっくり観察しようかな。

 

さて、小さな指でタイプするのは流石に疲れてきたから、今日はここまでにしようと思う。

 

またいつか、ご主人の留守を見計って書き込むことにしよう。

 

-------------

僕は「習慣」の力を知って、
人生が大きく変わりました。

最初は小さな変化でしたが、
毎日の筋トレで体型がガラリと変わったり、
コツコツ続けた副業で
本業以上のお金を稼ぐまでになりました。

こんなことを言うと、

「元々やる気があったんじゃないの?」

「意志が強いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
僕はやると決めたことを続けられない
意志の弱い人間でした。

今だって、意志が強くなったとは思っていません。

結局、人が変わるために
大きな決意や強い意志なんて必要じゃありません。

むしろ、小さな積み重ねを
習慣化していく必要があるのです。

 

下記の記事では、私ノリスケが
習慣の力に目覚めて激変する過程を
公開しています。

習慣の力で人生が変わったノリスケの物語

継続は人を変える!世界一周する起業家と出会って人生が激変した超平凡社会人の物語

-------------

下の画像をクリックして習慣の物語の続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です