ジモティーを使った友達の作り方

こんにちは。ノリスケです。

突然ですが、「ジモティー」というサービスをご存知ですか?

 

「無料の掲示板」と公式に説明されているもので、

中古品の売買やペットの里親募集、求人情報など、

地域性の高いたくさんの情報が掲載されています。

 

で、このジモティー、

実は「メンバー募集」という機能を使って

イベント集客や友達募集、社会人サークルの宣伝を

行うことができるのです。

 

今回は、

ジモティーを使って人とのつながりを増やしている僕が、

「メンバー募集」機能の使い方を紹介します。

ジモティーとはどんなサービス?

一言で説明するなら、

「地域ごとにまとめられたネット上の掲示板」

がジモティーです。

 

メルカリの登場でフリマアプリが

一般に認知されてきましたが、

ジモティーでは対面で不用品の売買・譲渡が可能です。

 

この他にも、「地域」という特性を活かして、

不動産の紹介や家事代行の宣伝、

果ては悩み相談の広告までもが掲載されています。

 

今回紹介するのは、ジモティーのサービスの中の一部である、

「メンバー募集」の機能です。

ジモティーの機能「メンバー募集」とは?

以降はジモティーのアプリ画面を見ながら説明していきます。

アプリをダウンロードしていない人は、

こちらからダウンロードしてください。

(ジモティーのリンク)

ジモティーのアプリを開くと、

上部に「メンバー」という表記があります。

この「メンバー」というところを押すと、

次のような募集が現れます。

赤枠で囲ったように、ジモティーには

友達作りサークルの募集などが数多く掲載されています。

この他にも、

  • スポーツ系サークルの募集
  • BBQのメンバー募集
  • 相席屋に行ってくれる人募集!
  • 今日暇なんだけど遊ばない?

なんて募集がたくさんあります。

自分の参加したいサークルを探してみる

で、この機能を使えば、趣味仲間を探すことができるのです。

例えば一緒にサッカーをするメンバーが欲しいなら、

サッカーサークルのメンバー募集に応募すればいい。

なんでも良いから大人数で騒ぎたいと思うなら、

BBQの告知を探して応募すれば良いわけです。

 

僕もこの記事を書くに当たって、

「友達作りカフェ会」なるものに潜入してきました。

別の記事でその時の模様を紹介しています。

 

では、自分が欲しいと思う募集がないときはどうするか?

その時は、自分が主催者になってメンバーを集めれば良いのです。

自分でメンバーを募集する

画面下部の「投稿」をタップします。

投稿画面に移動するので、

  • タイトル
  • 内容
  • 活動場所
  • 同性の限定の有無
  • 募集する年齢(○歳〜○歳)

を決めていきます。

例えば、僕は次のような募集をしたことがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【参加者募集】「最新作公開中!」新海誠作品を語ろう会

こんにちは!ノリスケと申します。

今回は、つくば市近辺にお住いの方を対象に、

新海誠作品について語ろう会を開催します

最新作「天気の子」。皆さんはもう観ましたか?

最新作の感想はもちろん、新海監督の名を
一気に世に知らしめた「君の名は」や、
昔からのファンに人気がある「秒速5センチメートル」など、
新海作品を語り尽くましょう!

◆日時:2019年8月12日 14:00〜15:30頃
◆会場:つくば市内のカフェ(場所探し中)
◆会費:0円
カフェ代 各自ご負担

◆定員:8名様

参加ご希望の方はこちらまで
ご連絡下さい!
ご質問も承りますので
お気軽にお問い合わせ下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「どんな風に書いたらいいかわからない…」

という方は、上の例文をそのままパクっていただいても構いませんし、

ジモティーで似たような投稿を探して、それを真似すれば良いだけです。

投稿を見た人からメッセージが届いたら

投稿に興味を持ってくれた人から、メッセージが届きます。

僕の場合、まずはお互いに自己紹介をして、

メッセージをくれた理由をお聞きするようにしています。

 

ジモティーのメッセージ機能は

LINEのような仕様で使い勝手が良いので、

ストレスなくやりとりが出来ると思います。

 

この時、何度かメッセージをやりとりしながら、

僕は次のようなことを確認しています。

 

  • ネットリテラシーがあるか?
  • 宗教やビジネス目的じゃないか?

 

この2点がクリアできたら、

LINEのやりとりに移行する、という流れです。

まとめ:メンバー募集機能は簡単です

今回ご紹介したように、ジモティーを利用したメンバー募集はめちゃくちゃ簡単です。

初投稿の時は、

「本当に自分みたいな奴がメンバー募集して良いのだろうか?」

「メンバーが集まらなかったらどうしよう…」

と考えてしまうかもしれませんが、

深く悩む必要はありません。

 

ジモティーで色々な投稿を見ていると、

「本当にこれで人を集める気があるのだろうか?」

って感じの怪しい投稿があります。

一方で、たくさんのメンバーを集めている良投稿もあります。

メン募初心者ならば、徹底的に良投稿をパクりましょう。

そうすれば、初心者でもちゃんとメンバーを集めることができます。

 

それでもメンバーが集まらない時には、

次のポイントに沿って募集内容を見直してみてください。

 

  • 募集内容はしっかり書けているか(怪しく見えないか)
  • 年齢制限は適当か(極端に短くないか)
  • プロフィールはしっかり書けているか

 

PDCAサイクルを正しく回すためにも、

まずはやってみることが大切です。

スポーツ仲間の募集など、まずは簡単なところからトライしてみてください。



 

-------------

かつての僕は、

人見知り、大勢で騒ぐのが苦手、緊張しい、
などなどという隠キャ要素にあふれていて、

正直言って全然友達がいませんでした。

内心では友達が欲しいくせに、

「友達なんていなくても人生楽しい」

と粋がっている超寂しがりやの人間でした。

 

そんな僕でしたが、あることをキッカケに、
自分の欲望に忠実になって、友達を増やしたり、たくさんの人間とつながったりしようと決意しました。

とは言え、

友達ができても結局は煩わしくなるだけだろ?

とか、

友達がいなくても人生楽しくね?

とか、色々言われます。

たしかに、1人の時間は大切にすべきだと思いますし、1人だって人生楽しいという考え方もわかります。

実際、僕も1人映画とか大好きです。

ですが、僕は少しずつ他人との時間を増やすようになってから、毎日が驚くほど充実し始めました。

結局は自分の欲望に素直になって、行動するかどうかだと思います。

〜だからできないとか、

〜だからやる意味がないとか、

否定の理由を探すんじゃなくて、自分の欲望に忠実になって、それに向かって行動すればどんな人でも毎日が楽しくなります。

こんな考えに至る僕の物語を下記の記事で紹介しています。

小説形式でサクッと読むことができるので、興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

人見知りであがり症の僕がこれまでに挑戦したこと

-------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です