3ヶ月で3kg痩せたプチ断食のやり方を紹介します【意志が弱い僕が実践した方法です】

 

プチ断食の方法が知りたい人「プチ断食っていう断食法があるらしい。プチって言うくらいだから、一食抜くくらいの断食なのかな。どんなやり方なのか教えてください。」

 

 

 

 

こういった疑問にお答えします。

 

 

本記事の内容

  • プチ断食の方法【大きく2つあります】
  • 1年以上僕が続けられたのはリーンゲイズという方法です
  • 継続のコツは、1日くらいサボっても良いと考えること

この記事を書いている僕、ノリスケは2018年の12月から1年以上プチ断食を続けています。

初めて3ヶ月で体重が3kg近く減り、体脂肪が1%減りました(下はそのグラフです)。

 

僕はもともと意志が弱い人間なので、ここまで続くとは思っていませんでした。

この記事を読むことで、意志の弱い人でも断食ができる方法がわかると思います。
(5分くらいで読み終わります。)

プチ断食の方法【大きく2つあります】

「プチ断食」と呼ばれる断食は、その名の通り小さめな断食です。よくある断食のように、2〜3日ぶっ通しで食を断つものじゃありません。

大きく分けて2つの方法があります。

①リーンゲイズ

1日24時間を16時間と8時間に分けて、16時間断食して、8時間の中で2回食事をする方法です。

朝、昼、夕のうち、どれか1食を抜くことになります。

朝食を抜く場合
(20:00夕食 → 朝食を食べずに16時間空腹にする →12:00昼食 → 20:00夕食)
夕食を抜く場合
(6:00朝食 → 14:00昼食 → 夕食を食べずに16時間空腹にする → 6:00朝食)

16時間って長く感じますが、睡眠時間を入れると実際の空腹時間は8〜9時間くらいです。

逆に、睡眠と被せないと長く感じるので、抜くのは朝か夕のどちらかが良いですね。

このリーンゲイズという方法は、特に筋トレと相性が良いと言われていて、筋トレ系の情報発信者で取り入れている人が多いです。

有名なのはクリス・ヘリアというアメリカのインストラクターですね(下の写真の刺青男↓)。

 

下の動画で、彼はリーンゲイズ(動画の中ではインターミッテッドファスティングと呼ぶ)を強烈に勧めています。

②Eat-Stop-Eat

1週間に1〜2回、24時間の断食を行う方法です。

例えば、夕食を食べた後に翌日の夜まで食事を抜くという感じですね。

ただ、僕はこれがあまり続きませんでした。

24時間水だけってさすがに辛いですよ。。。

僕の経験としては、あまりオススメしない方法です。

1年以上僕が続けられたのはリーンゲイズです

プチ断食を1年以上続けている僕としてはリーンゲイズをオススメします。

これは毎日続けることを前提にした方法なので、しっかり続ければ習慣になるからです。

1日2食生活を延々と続けるって、なんだか辛そうに聞こえますが、日本人は江戸時代まで1日2食の生活でしたので、そこまで極端な話じゃないと思います。

「江戸時代まで日本人は1日2食で生活していました。それが3食になったのは誰かが食べなさいと決めたわけではなく、自然と生活習慣がそうなってきたということなんです」

出典:Number Do『太らない生活2014』

あと、「自分としては1日2食にしたいけれど、家族がいるからやりにくい」という人がいるかもしれません。僕も最初はそう考えていました。

でも、例えば残業ばかりで帰宅時間が遅い人であれば、家族の夕食の残りを朝食に食べれば良いですし、帰宅時間が早い人であれば、夕食はきっちり家族と食べて、朝ごはんを食べずに仕事に行く、ということで良いですよね。

工夫すれば家族との食事を時間をしっかり取ることはできます。

継続のコツは、1日くらいサボっても良いと考えること

完璧主義的な発想で、毎日やらなきゃ!と思わなくても良いです。

これは昔の僕がそうだったからわかるのですが、完璧主義な人は1回誘惑に負けただけで物事をやめてしまいがちだからです。

ありがちなのが、ダイエット中にケーキを1個食べただけでダイエットをやめる人とか。

いいじゃないですが、ケーキくらい。明日からまたダイエット始めれば。

プチ断食も1週間に1日くらいはサボって良いですよ。

長い目で見れば1日くらいは誤差の範囲内なので。

ちなみに僕は、飲み会がある時はサボってましたね。

逆に言えば、サボりつつも1年間は続けることができました。

まとめ:プチ断食は続けられる

今回のポイントを全てまとめます。

  • プチ断食にはリーンゲイズとEat-Stop-Eatという方法がある。
  • 習慣化できるリーンゲイズがオススメ。
  • 家族がいても断食はできる。
  • 1日くらいサボっても良い。大事なのは長く続けること。

なお、断食の効果については、別の記事で紹介していますので、よければそちらをお読みください。

数年前まで、僕は断食のように「長く続けてこそ効果があるもの」を全く続けることができず、いつも三日坊主で終わっていたのですが、

あるきっかけで「習慣化」を意識して行動するようになり、それから筋トレやジョギング、断食のような良い習慣が身についてきました。いろいろ試してみて、効果があった習慣化の方法や、思わぬメリットについて、僕はメルマガで発信しています。

登録してくれた人には動画の特典をつけているので、興味がある人は下のページを読んでみてください。

理想のあなたを実現するための「習慣術」無料メールマガジン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です