【イチローの引退会見から学ぶ】何かに夢中になることの大切さ

こんにちは!ノリスケです。

2019年3月21日、
マリナーズのイチロー選手が
現役を引退されました。

僕はリアルタイムで
イチローさんの引退会見を
テレビを見ていたのですが、
イチローさんのたくさんの言葉が
心に刺さりまくりました。

野球に限らず、良い人生を送るために
ものすごく大切なこと話されていて
これを誰かに話したい気持ちがたまらなくなり、
今こうして記事を書いています。

「つまらない人生を生きている」

「夢中になれるものがない」

「他人に自慢できるものがない」

こんな方々に響くメッセージだと思います。

【野球ファンの子供たちへ】夢中になる“何か”を見つけてほしい

「今、この会見を沢山の野球ファンの
子供たちが見ていると思います。
彼らに向けて、イチローさんから
メッセージをお願いします。」

ある記者の方から、こんなお願いがありました。

それに対してイチローが返したのが、この言葉。

「シンプルだなあ(苦笑)。
メッセージは苦手だから、僕は。

野球だけでなくてもいいですよね?
自分が熱中できるもの、
夢中になれるものを見つけられれば、
それに向かってエネルギーを注げるので、
そういうものを早く見つけてほしいと思う。

それが見つかれば、
自分の前に立ちはだかる壁にだって
向かっていける、向かうことができると思う。

それが見つけられないと、
壁が出てくると諦めてしまう。

いろいろなことにトライして、
自分が向くか向かないかよりも、
自分が好きなものを見つけてほしいと思う。」

野球ファンの子供たちへ向けた
メッセージでしたが、
この言葉は、30歳を迎えようとしている
ぼくの心にめちゃくちゃ刺さりました。

なぜかと言うと、

「自分が心から夢中になれる何かを見つける」

このことは、年齢に限らず、
どんな人間でも充実した人生を
送るための秘訣だと思ったからです。

僕は夢中になるものを見つけられず、ここまで生きてきた

僕は最近まで、夢中になれるものを
見つけることができませんでした。

でも、夢中になるものを
探さなかった訳ではありません。

子供の頃から、

『夢中になれるものを見つけなさい』

『自分の夢を持ちなさい』

こんなことを大人たちから言われてきました。

その質問に答えるために、
勉強、スポーツ、音楽など、
色々なことにチャレンジしてきたつもりです。

だけど、

「君は何になりたいの?」

と言う質問に対して自信を持って、

「僕は○○になる!」

と答えることができず、
なんとなくその場その場で
一番良いんじゃないかと
思った選択をしてきました。

そして、人生を賭けて夢中になる事を
見つけることができないまま、
僕は社会人になりました。

社会人になったら、
現状に満足できなくて、

「こんなはずじゃなかった。」

「自分には他にもできることが
あるんじゃないか?」

「あそこであれを頑張っていれば…」

こんなことばかり考えていました。

そんな考えを持っていたのは、

・周りよりも目立った存在になりたい

・成功者になりたい

・モテたい

・お金が欲しい

という欲望をを持っていたからです。
引かれるかもしれませんが、
あえて正直に書きます。

それなのに、社会人になった僕は
全然目立つことができないし、
成功できてもいない。
自分が欲しいものを
手に入れることができていない。

だから、僕は仕事以外に
夢中になる事を探し始めました。

夢中になれるものを探した

自分の欲望を叶えて、
「何者か」になりたかった僕は、
ひたすらに夢中になれるものを探しました。

動画投稿、イラスト作成、
音楽制作、映画評論など、
本当に色々なものに手をつけました。

でも、これらに夢中になることは
できませんでした。

いや、正しく言うと、
何かに「夢中になる」ということを
僕は甘く考えていました。

「夢中になる」ことをナメていたからこそ、
僕は何一つ上手くいくことができなかったのです。

夢中になるとはどういうことか?

イチローさんは子供達に、
何でも良いから夢中に
なれるものを見つけろと言う。

夢中になるっていうことは、
人生のほとんどの時間を、
ある1つのことに捧げることだと僕は思います。

イチローさんの場合、それは野球でした。

彼は、食事、睡眠、プライベートなど、
野球以外の時間でも、
ひたすら野球のことを考え、
全ての行動を野球に繋げていました。

ものすごく当たり前のことを
言っているかもしれませんが、
何かに「夢中になる」とは
このレベルのことだと僕は思います。

自分以外の人間が、
友達と遊んだり、
テレビを見たり、
飲みに行ったり、
旅行したりしている間、
ひたすらに1つのことに熱中する。

別の言い方をすれば、
世間の一般人がやっていることを
やらないという選択。

これが夢中になるということだと思います。

僕は夢中になれる何か探していたけど、
その間も、
テレビゲームをしたり、
映画を見たり、
テレビを見たり、
漫画を読んだりして、
世間の一般人と
何ら変わらない生活をしていました。

こんな生活で、何かに夢中になれるはずがない。

夢中になるには、徹底的に
“それ”以外の時間を
捨てなければいけませんでした。

テレビ、ゲーム、
ドライブ、買い物、
友人と遊ぶこと…。

楽しいことですし、
人生の中でも大切なことだと思います。

でも、これらのことは、
捨てようと思えば簡単に捨てられます。

例えば、バラエティ番組を見なくても
生活は全く困らないし、
スマホゲームをやらなくても
ストレスが溜まることはない。

生活に支障が出ないので、
やめようと思えばいつだってやめれるはずです。

でも、「やめようと思えばいつでもやめられる」と
思っていたからこそ、
僕はこれらのことを
なかなかやめることができませんでした。

今の僕は、何かに夢中になっているか?

僕が夢中なっていること。

それは、かつて僕のように
悩んでいた方々に向けて、
情報発信をすることです。

昔の僕は、会社をズル休みしたり、
三日坊主で何一つ続けられなかったり、
休みの日はダラダラゲームをしてばかりいた。

まさに、「明日から俺本気出すわ」って感じの人間だった。

でも、一回きりの人生、
このままじゃダメだということに気がついて、
色々なことにチャレンジしたり、
勉強したりするようになってから、
毎日が少しずつ変わり始めました。

だから、僕が得た気づきや成長記録が、
昔の僕のように悩んでいる方々の
参考になればと思って、
日々情報発信をしています。

イチローさんのメッセージは
子供たちに向けられたものだったけど、
僕たち大人もまだまだ遅くはない。

いくつになっても
夢中になるものは見つけることができるし、
人生を大きく変えることができる。

少なくとも、僕はそう確信しています。

イチローさんの言葉に
めちゃくちゃ刺激を受けたので、
これからも「自分が夢中になれること」に
没頭していきたいと思います!!!!

-------------

僕は「習慣」の力を知って、
人生が大きく変わりました。

最初は小さな変化でしたが、
毎日の筋トレで体型がガラリと変わったり、
コツコツ続けた副業で
本業以上のお金を稼ぐまでになりました。

こんなことを言うと、

「元々やる気があったんじゃないの?」

「意志が強いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
僕はやると決めたことを続けられない
意志の弱い人間でした。

今だって、意志が強くなったとは思っていません。

結局、人が変わるために
大きな決意や強い意志なんて必要じゃありません。

むしろ、小さな積み重ねを
習慣化していく必要があるのです。

 

下記の記事では、私ノリスケが
習慣の力に目覚めて激変する過程を
公開しています。

習慣の力で人生が変わったノリスケの物語

人見知りであがり症の僕がこれまでに挑戦したこと

-------------

下の画像をクリックして習慣の物語の続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です