小学生の時から1,000本以上映画を観ている僕が何度も見返した映画を紹介する

こんにちは、ノリスケです。

この記事では、大量の映画を観てきた僕が

BD・DVDを買って何度も繰り返し見るほど面白い。

感動する。衝撃を受ける。しばらく何も考えられなくなる。

と思った漫画をランキング形式で書いていきます。
(順次更新していきます。)

 

今はNetflixやAmazon Primeでいろいろな映画を観ることができますが、お気に入りの映画はBDを買っています。

 

いやーしかし。便利な世の中になりましたね。僕が一番映画を観ていたのは大学時代なのですが、あの時はNetflixとかなかったので、片道20分くらいかけて近所のTSUTAYAに通ってましたわ。

あの頃は映画7本借りて、 1日1作品観てましたね。

 

そのころを懐かしみながら、ランキングを書いていきたいと思います。


1,000本以上映画を観てきて名作だと感じる映画

僕の人生に影響を与えた文句なしの20回以上繰り返し観た名作映画

世の中にたくさん映画がある中で、僕の好みにぴったりハマった映画たちです。

HEAT

出演: アル・パチーノ, ロバート・デ・ニーロ, ヴァル・キルマー, ジョン・ヴォイト, トム・サイズモア
監督: マイケル・マン

僕の中のベストオブベストです。

アクション良し、キャラクター良し、映像センス良し、脚本良しで、悪いところが見つかりません。

僕に信念を持って生きることのカッコよさを教えてくれました。

僕は怠けそうになったとき、映画に登場するカッコ良い男どもを思い出して、自分に喝を入れています。

 

めちゃくちゃ良い作品なのですが、不思議と知られていません。刺さる人には深々と刺さる映画なのですが、正直一般ウケはしないと思います。

世の中の一般常識に流されない、カッコ良い親父たちを欲する人にオススメです。

HEATのレビュー動画をYouTubeにアップしました↓

ジュラシックパーク

出演: リチャード・アッテンボロー, サム・ニール, ローラ・ダーン
監督: スティーブン・スピルバーグ

物心ついた時から観ていて、僕が恐竜オタクになるきっかけを作った作品。

ジュラシックワールドというシリーズ最新作が出ていますが、初代の面白さには全く敵いません。(ってか、ワールドはマジで駄作です。)

恐竜映画って実はたくさんあるのですが、一周回るとこの作品が狂ってるほど面白いことがわかります。

スピルバーグは天才ですよ。

 

スターウォーズ

出演: リーアム・ニーソン, ヘイデン・クリステンセン, ユアン・マクレガー, ナタリー・ポートマン, マーク・ハミル
監督: ジョージ・ルーカス

スターウォーズを世に生み出したジョージ・ルーカスは本当に偉大。

世界規模の経済効果がスゴくないですか?ここまでお金の流れを生み出した映画って他にないと思います。

玩具収入でルーカス自身もかなり儲けたので、エピソードIは全額自費負担($115,000,000)で作ってます。

いや〜スケールが違いすぎますわ。

 

たそがれ清兵衛

出演: 真田広之, 宮沢りえ, 田中泯, 小林稔侍, 岸恵子
監督: 山田洋次

「男はつらいよ」で有名な山田洋次監督の初時代劇。

正直僕は「時代劇=水戸黄門」のイメージがあって苦手だったのですが、これを観てガチで衝撃を受けました。

こんな時代劇は観たことがありません。そして本作を超える時代劇は未だ現れていません。

日本映画史に残る超名作です。

 

エイリアン

出演: トム・スケリット, シガーニー・ウィーバー, ベロニカ・カートライト, ハリー・ディーン・スタントン
監督: リドリー・スコット

スペースホラーという新境地を開拓した名作。

クリーチャーや宇宙船内部の造形など、とにかくデザインセンスが半端ないです。

部屋の中でゴキブリが出るとめちゃくちゃビビると思うんですけど、この映画は「宇宙船の中で観たこともないエイリアンと闘う」ですからね。手に汗握るの必死ですよ。

 

ダークナイト

出演: クリスチャン・ベール, マイケル・ケイン, ヒース・レジャー, ゲーリー・オールドマン, アーロン・エッカート
監督: クリストファー・ノーラン

僕の中でアメコミ映画の概念を変えた作品。

ノーラン監督は、エンタメ映画に芸術性を持たせる天才だと思う。

 

月に囚われた男

出演: サム・ロックウェル, ケヴィン・スペイシー, ドミニク・マケリゴット, カヤ・スコデラーリオ, ベネディクト・ウォン
監督: ダンカン・ジョーンズ

こんなに切ないSF映画を僕は観たことがありません。

音楽、映像、脚本、キャストの全てがうまくハマると、低予算でもこんなに面白い映画ができるという見本です。

90分という短尺なので、気軽に観れるところも◯。

 

ゴッドファーザー

出演: アル・パチーノ
監督: フランシス・フォード・コッポラ

「家族を大事にしない奴は男じゃない。」
「男なら一時も油断するな。」
「家族の前で仕事の話はしない。」

男として生きる上で大事なことを教えてくれた作品です。

主人公のマイケルは家族を守った結果家族を失ってしまいます。僕はそんな風に家族を失いたくありません。絶対に。

 

上の映画ほどではないけど、大好きで何度も見返している映画

ドライヴ

出演: ライアン・ゴズリング, キャリー・マリガン
監督: ニコラス・ウィンディング・レフン

ラ・ラ・ランドのヒットで有名になってしまったゴズリング。ドライヴがヒットした時は、そこまで知られてなかったんだけどなぁ〜・・・。

自分のお気に入りの俳優が売れると、嬉しい反面ちょっと寂しかったり。

 

インセプション

出演: レオナルド・ディカプリオ, 渡辺謙, ジョセフ・ゴードン=レヴィット, マリオン・コティヤール, エレン・ペイジ
監督: クリストファー・ノーラン

「潜在意識」についてものすごく考えさせられる映画。

人が変わるには何らかのきっかけが必要であり、それが潜在意識を変えることになる。

実は「自己啓発的なテーマ」なんですけど、ノーラン監督が超面白いエンタメ映画に仕上げています。

 

許されざる者

出演: クリント・イーストウッド, ジーン・ハックマン, モーガン・フリーマン, リチャード・ハリス
監督: クリント・イーストウッド

これまた、観たことのない西部劇で、僕の西部劇イメージをぶち壊しました。

名作中の名作なのに、観たことない人多すぎませんかァ?

 

96時間

【キャスト&スタッフ】
ブライアン…リーアム・ニーソン
レノーア…ファムケ・ヤンセン
キム…マギー・グレイス

監督:ピエール・モレル

観るものを飽きさせない映画ってこういう作品のことを言います。

この主人公、常にこちらの予想を上回るんですよね。

リベンジ系映画の金字塔的作品です。

 

ファイトクラブ

【キャスト&スタッフ】
ナレーター…エドワード・ノートン
タイラー…ブラッド・ピット
マーラ…ヘレナ・ボナム・カーター

監督:デイビッド・フィンチャー

ミニマリストという言葉が生まれる以前から、消費社会に異を唱えていた男どもの映画です。

今見返すと、めちゃくちゃ先行ってたな〜って思います。

 

マトリックス

出演: キアヌ・リーブス, ローレンス・フィッシュバーン, キャリー=アン・モス
監督: アンディ・ウォシャウスキー, ラリー・ウォシャウスキー

僕に「プログラミング」という概念を教えてくれた作品。

見返すたびに新たな発見があるし、ネットを調べると大量の考察サイトがヒットします。

単なるエンタメ作品ではなくて、観る者の価値観を変えてしまう映画です。

 

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊

中学の時にハマって、サルのように観まくりましたね。

あまりの衝撃で、しばらく何にも手につかね〜って感じでした。アニメ化もされてますが、僕の中の攻殻は原作と映画で完結してます。

-------------

僕は「習慣」の力を知って、
人生が大きく変わりました。

最初は小さな変化でしたが、
毎日の筋トレで体型がガラリと変わったり、
コツコツ続けた副業で
本業以上のお金を稼ぐまでになりました。

こんなことを言うと、

「元々やる気があったんじゃないの?」

「意志が強いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
僕はやると決めたことを続けられない
意志の弱い人間でした。

今だって、意志が強くなったとは思っていません。

結局、人が変わるために
大きな決意や強い意志なんて必要じゃありません。

むしろ、小さな積み重ねを
習慣化していく必要があるのです。

 

下記の記事では、私ノリスケが
習慣の力に目覚めて激変する過程を
公開しています。

習慣の力で人生が変わったノリスケの物語

モチベーションはいらない!習慣1つで人生を変えた29歳超ナマケモノの物語

-------------

下の画像をクリックして習慣の物語の続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です