オナ禁に挫折しまくった僕が実践した継続の3つの秘訣

こんにちは。ノリスケです。

前回の記事で、オナ禁の6つの効果をまとめました。

だがしかし、

男性の読者の方ならばよくよくご存知の通り、

オナ禁って続けるのがガチで難しいんですよ。

 

かく言う僕もね、

今度こそオナ禁したるって決意した翌日にね、

立川理恵の無修正動画で抜いてましたからね。

 

そんな僕ですが、意志力を鍛える方法や自己コントロールの秘訣を勉強した結果、オナ禁継続のコツがわかってきて、

今までの挫折が嘘のようにオナ禁できるようになりました。

 

今日は僕が実際に試した方法を踏まえて、

オナ禁継続の3つの秘訣をお話します。

まずはオカズ類を徹底的に削除する

まず初めに僕がやったのが、

オナニーの材料になるオカズ類の削除です。

スマホ、PC、ハードディスク、DVD、本に至るまで、エロいオカズを徹底的に削除しました。

特に、スマホからの削除は即行いましたね。

スマホを使うようになってから、オカズ探しや保存をほぼスマホで行うようになっていたので、

僕のオナニーはスマホで支えられていると言っても過言ではなかったのです。

 

僕のように、スマホにオカズを保存している方って多いのではないでしょうか?

「オナ禁するぞ!」と決心しても、スマホにオカズ類が入ったままだと、

ふとした欲望に負けた時、最も手近にあるスマホに手が伸びてしまうんですよね。

 

これはオナ禁に限った話ではないのですが、自分がやめたいものをやめるコツは、

 

 

「それをするためのハードルをあげまくる」

 

 

ことです。

 

僕はこの方法を使って、スマホゲーム依存症から抜け出したり、

つい漫画を読んでしまうという習慣を断ち切ってきました。

なので、オナ禁を始めたけどなかなか続かないという方は、

まずは身近にあるオカズ類を削除しましょう。

お気に入りのAVがあるから…といって、削除をためらう気持ちにはマジで同意しますが、

人間の意思は本当にコロコロ変わります。

真面目な話、オナ禁の効果よりも、目先の快楽に負けるのが人間ですからね。

 

大切なのは、今のあなたの意思です。

意思が変わってしまう前に、即行動しましょう。

僕の場合、家に帰るのを待たずに電車の中でスマホのデータを削除しましたよね。恵けい、浜崎りお、立川理恵、霧島さくら、鈴香音色、長澤あずさ、野乃はなの、宇都宮しをんとの別れは苦渋の選択でしたが。電車の中で、必死こいて下痢を我慢してんのかってくらい、苦悶の表情を浮かべながら削除しましたから。

習慣化アプリでオナ禁の継続を見える化する

オカズ類の削除した後に実践したのが、

習慣化アプリの導入です。

僕が使っているのは「HabitMinder」というアプリです。

色々と習慣化アプリを調べた結果、シンプルかつ使いやすいなと思ったのでこのアプリを使っています。

習慣化アプリ『HabitMinder』ってどんなアプリ?

『HabitMinder』は、生活習慣の目標を一括で管理できるトラッカーアプリでして、

オナ禁に限らず、ストレッチや筋トレ、勉強、読書、瞑想などの習慣化にも使えます。

 

このアプリの良いところは、

とにかくシンプルで、記録が簡単なところです。

記録が面倒だと、「行動のハードル」が上がってしまうんですよ。

やめたいものをやめるためにはハードルを上げることが大切だと先ほど書きましたが、

ここではその反対で、

行動のハードルを下げることが大切です!

達成度の見える化で、モチベが湧いてくる

で、トラッカーアプリのもう一つ良いところは、

 

達成度を見える化できる

 

というところですね。

 

記録を振り返ることで成長を実感できますし、

「ここまで継続できたんだから、簡単に止めたくねぇな」

っていうモチベーションが湧いてきます。

 

ダイエットでも、筋トレでも、何でもそうなんですが、

自分の成長を記録することは、本当に大切です。

人間は視覚的な情報に最も影響を受けるので、

自分の成長記録を残しておいて、自分に対して目に見える形で見せてあげれば、

「自己もやればできるんだ」っていう自信につながります。

継続力をつけるためには、この「自信」がかなり大切です。

 

もともと三日坊主気質のある僕は、このあたりにマジで気をつけていますね。

オナニー以外のストレス発散方法を見つけよう

最後のポイントは、これですね。

僕は元々、オナニーをストレス発散の方法だと考えていました。

 

なので、会社で嫌なことが会った時や、残業が多かった時の週末には、特にオナニーの回数が増えていました。

 

でも、オナニーはストレス発散に効果的ではないことに最近になって気がつきました。

 

僕自身、抜いた後は、

「またお気軽に抜いちゃったよ…」

という謎の罪悪感に襲われることが多かったのです。

 

これってストレス発散になってるでしょうか?

 

ストレス発散のためにやっていたはずなのに、

 

「疲労」と「罪悪感」という

 

新たなストレスの材料を生み出していたことに気が付いたのです。

 

なので、僕はオナニーをストレス発散方法と考えることをやめて、別の方法でストレスを発散するようにしています。

オナニーに代わるストレス発散方法としては、「筋トレ」がマジでオススメ

他の記事で書いているように僕は筋トレが日課なのですが、

これがオナニーに代わるストレス発散方法になっています。

 

昔は、会社から帰ってきたら、すぐさまズボンを下ろして戦闘態勢に入っていたのですが、

今では、帰ってきたらまずは筋トレをするようにしています。

 

時間にすればほんの30分程度なんですが、

それでもしっかりと疲れるので、その後にオナニーをしようという気持ちにはなりません。

それと、筋トレが心に良い影響を与えることは最近の研究でも明らかになっています。

一説では、30分の筋トレに抗うつ剤一本の効果があるそうです。

オナニーと違って、筋トレの後の疲労には、罪悪感なんてありません。

おまけに、自分がどんどん成長することが楽しくなるので、

特に頑張らなくても、筋トレが習慣になっています。

最後に、まとめ

まとめると、オナ禁が継続できない人は、

  1. オカズ類を徹底的に削除する
  2. 習慣化アプリを使って、継続を見える化する
  3. オナニー以外のストレス発散方法を見つける

この流れが僕のオススメの方法です!!!

この方法を実践できれば、オナ禁ができない自分から脱却!!

目覚めが良くなる、
行動力がつく、
抜け毛が減る、
異性からモテる、

というようなオナ禁の効果を実感することができます!!

 

で、最後に一番重要なことを言いますが、

オナ禁に限らず、

「継続」や「習慣」は人を大きく変化させます。

 

オナ禁が難しいという人は、自分の他の生活習慣を見直してみてください。



 

-------------

僕は「習慣」の力を知って、
人生が大きく変わりました。

最初は小さな変化でしたが、
それが次第に大きくなって、
激ヤセしたり、フリマサイトで
給料以上のお金を稼ぐまで達しました。

元はと言えば、
将来の安定を求めて就職したのですが、

何故か今では、
仕事以外にいろんなことに挑戦するのが楽しくて、
充実した生活を送っています。

こんなことを言うと、

「元々やる気があったんじゃないの?」

「意思が強いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
僕はやると決めたことを続けられない
意思の弱い人間でした。

今だって、決して意思が強い人間ではありません。

でも、だからこそ、
意思に頼らずに変化するためのノウハウを
身につけてきました。

結果として、
良い感じに人生が変わってきましたが、
結局は小さな成長を積み重ねてきただけです。

人が変わるために、
大きな決意なんて必要じゃありません。

むしろ、小さな積み重ねを
習慣化していく必要があるのです。

 

下記の記事では、私ノリスケが
習慣の力に目覚めて激変する過程を
公開しています。

小説形式でサクッと読むことができるので、
興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

継続は人を変える!断捨離に目覚めた元三日坊主の僕が1ヶ月に○円稼いだ物語

-------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です