三日坊主の僕でもできた!意志力を鍛える3つの方法

こんにちは!ノリスケです。

自己紹介の記事で詳しく書いていますが、
その昔、僕は超がつくほど意志が弱い人間でした。

英会話を勉強しようと思っても、
1週間くらいで決意がなくなってしまうし、
腹筋を割ろうと思って腹筋マシーンを購入しても、
部屋の隅っこに放置していたりしました。

そんな僕だったのですが、あることをキッカケに
マインドが変わって、少しずつ行動力や
継続力がついてきたのです!!

簡単に言うと、意志力が鍛えられて、
昔みたいな三日坊主癖がなくなりました。

今日は、そんな僕の体験を踏まえて、
意志力を鍛える超有効な5つの方法を紹介したいと思います。

意志力って何?

「意志力」という言葉を知らない人のために、
簡単に解説しておきましょう。

ものすごく簡単に言うと、

「注意力や感情や欲望をコントロ ールする能力」

のことを言います。

ケニー・マグゴナガル著のベストセラー
『スタンフォードの自分を変える教室』で
有名になった言葉で、
英語で『Will Power』とも呼ばれています。

で、ここからめちゃくちゃ重要なのですが、
意志力っていうものは、
筋肉みたいに鍛えられることが
最近の脳科学でわかってきました。

例えば、次のような自制心を要するちょっとしたことを
継続して行なうと、意志力が強くなるという研究結果が出ています。

意志力を鍛える方法

・姿勢をよくする

・毎日手が疲れるまでハンドグリップを握る

・甘いものを減らす

・出費を記録する

つまり、たとえ最初は弱くても、
トレーニング次第で誰でも
意志力を強くすることができるということです。

僕も昔は意志力が弱くて、
筋トレやダイエットなど、
自分を成長させることが全然続けられませんでした。

ですが、これから紹介するちょっとしたことを続けていたら、
少しずつ意志力レベルが上がって、日々の充実度が段違いに変わりました。

それでは、ここから、ノリスケの実践した
3つの意志力トレーニング法を紹介します!!

ノリスケの実践した意志力トレーニングをまとめてみた

その① 記録をする

まず、意志力の強化のために絶対必要になることがあります。

それは、

「自分がどのように、どうして欲望に負けてしまうか?」

これを知ることです。

なぜかと言うと、僕たち人間は、
生活に潜んでいるたくさんの選択を
無意識に行なっていて、
「なぜそれを選んだのか」
「それを選んだらどうなるか」を
考えていないからです。

ある実験では、
「食べ物に関する決断を1日に何回していると思うか」
と参加者に尋ねたところ、
平均で14回という結果が出ました。

しかし、同じ人たちに1日の食事について
記録をつけてもらったら、
なんと平均227回という結果が出たのです。

つまりこの人たちは、
1日のうちに200回以上も、
食べ物に関する選択を行なっていたことになります。

食べ物に関する選択だけで、これですよ??

他の選択まで広げたら、
いったいどれくらいの数になるのか…。

 

つまり、自分がどのような選択をしているか認識しない限り、
意志力の強化はできないということです。

 

なので、初めは何でも良いので、
自分の身の回りのことを記録してみましょう。

例えば、僕は摂取カロリーの記録を毎日やっています。

最初はダイエット目的で始めました。

ちなみに、僕は昔、カロリー記録を
2回ほど挫折した経験があるので、
同じ失敗をしないように工夫しています。

それは、

①入力が簡単であること
②ざっくりで良いから記録すること

の二つです。

①の条件は、カロリー管理のスマホアプリを使って
クリアしています。

食べ物の写真だけで
カロリーを判別してくれる「あすけん」という
神アプリがありまして、
それを使い倒しています。

そして②の条件ですが、
カロリー管理は細くやればキリがないし、
だんだん面倒になってしまうので、
かなりざっくり目に記録しています。

重要なことは、細かくカロリーを計算することじゃなくて、
自分の選択を知ることなので。

その② 生活に潜むちょっとしためんどくさいことをすぐにやる

これは、メンタリストのDaiGoさんが
「ポジティブ・チェンジ」という本の中で
紹介していた方法です。

例えば、僕はこんなことをやっています。

ノリスケのすぐやるリスト

・食器を流しに貯めない

・掃除機はこまめにかける

・週に一度は必ず靴を磨く

・洗濯物は乾いたらすぐにたたむ

僕は昔、洗濯物をたたむのが面倒くさくて
嫌いだったのですが、
最近は気がついたらすぐにたたむ、
ということが習慣になりました。

DaiGoさんも、本の中でこんなことを言っています。

人間の脳は、基本的に「徐々に最適化されていく」という性質を持っています。ポイントは「徐々に」ということ。やりたくないことが、いきなり楽しくなったりはしません。しかし、少しずつ作業をしていくと、それに合わせて徐々にやる気が出て、効率も上がっていく。
出典:ポジティブ・チェンジ/メンタリストDaiGo/日本文芸社

 

その③ 何か1つを毎日続けてみる

最後は、サボる言い訳を作らずに、
何か1つのことを続ける習慣をつけるための
トレーニングです。

ポイントは、自分の生活のために良いことで、
「簡単なこと」から徐々に始めることです。

例えば、

・5分間の瞑想をする
・捨てるものを一つ見つける
・1行で良いから日記をつける
・5分で良いから読書をする

…というようなことです。

僕はというと、
毎日自宅で30分くらい筋トレをしています。

これもアプリなどのツールを使った方が
簡単に継続できます。

例えば僕は「HabitMinder」というアプリを使っています。

シンプルなデザインでとても使いやすいので、
おすすめです。

まとめ

まとめると、意志力の強化のために
僕は3つのことを実践しました。

①記録すること
②めんどくさいと思ったことをすぐにやること
③一つのことを毎日やること

で、実践の甲斐あって、
昔とは打って変わって
行動力や継続力がついてきました。

例えば、自分が気になった人がいたら会いに行ったり、
twitterでメッセージを送ってみたり、
早起きになったり、
ファストフードを食べなくなったり…

変化を挙げればキリがありません(笑)

これからもどんどん変わっていけると思うので、
僕自身も、意志力のトレーニングを続けて行きたいと思います!!

-------------

僕は「習慣」の力を知って、
人生が大きく変わりました。

最初は小さな変化でしたが、
毎日の筋トレで体型がガラリと変わったり、
コツコツ続けた副業で
本業以上のお金を稼ぐまでになりました。

こんなことを言うと、

「元々やる気があったんじゃないの?」

「意志が強いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
僕はやると決めたことを続けられない
意志の弱い人間でした。

今だって、意志が強くなったとは思っていません。

結局、人が変わるために
大きな決意や強い意志なんて必要じゃありません。

むしろ、小さな積み重ねを
習慣化していく必要があるのです。

 

下記の記事では、私ノリスケが
習慣の力に目覚めて激変する過程を
公開しています。

習慣の力で人生が変わったノリスケの物語

人見知りであがり症の僕がこれまでに挑戦したこと

-------------

下の画像をクリックして習慣の物語の続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です